webディレクター転職

未経験からwebディレクターになれる?ステップはこのパターン。

悩んでいる人
悩んでいる人

そろそろ将来を考えて転職したいから、web系の仕事について調べてみたけど、「webディレクター」って未経験でなれるもの?何からやればいいかわからない…!

このような方に向けた記事となっています。

筆者について

未経験でも道はある。

結論なれます。

ディレクターについては他職種や顧客とのコミュニケーションが主な仕事となってきます。知識についてはかなり幅広く必要とされるものの、web業界の他の職種と比べると未経験から挑戦しやすい職種です。

コーディングの知識やデザインの知識はもちろん必要ですが、実際に作業をがっつりやるディレクターはいないです。(やれた方がいいけど、それをディレクターががっつりやってしまうのは望ましくないと言われています。)

webディレクターになるステップのパターン

ステップとしては大きく3パターンあります。

a) デザイナー、エンジニアからディレクターになる

b) 社会人学校に通う

c) 独学のみ

順番に解説します。

a) デザイナー、エンジニアからディレクターになる

これは同じ業界からステップアップする、ということですね。

ディレクターが担う業務が「管理」であるというところから、今まではこのパターンが多かったかと思います。

web業界に興味はあるものの、職種を実は絞り込めてない…という方にはこのステップがおすすめです。

自分がどの職種に向いているかわからないという方は、まずは業務内容について知ってみましょう。

私もそもそも全く異なる業界にいたので、webのお仕事のことをかなり調べました。

b) 社会人学校に通う

こちらも結構多い印象です。有料の学校にきちんと通って基礎知識・技術を身に着けるパターンです。

また、有料のものだけでなく各地域の職業訓練校に行く方法もあります。

しかし最近は業界が大変人気なため、抽選になることが多いと思われます。

資金がしっかりとあり、半年程度暮らしていけるというお金と時間に余裕がある方についてはこちらのパターンもよいかと思います。

c) 独学のみ

自力で勉強する!というパターンです。私はこのパターンに当てはまります。

具体的に私がしていたのは、

業務内容についての情報収集からHTMLCSSの勉強、業界知識の勉強、またブログを自力で立ち上げてみるなど…

です。

また前職から今のWeb業界に来るまでに、経験値を積むため近い業界で派遣でのお仕事もしておりました。そのこともWeb業界での採用に繋がったかと思うのでまた別の記事でお伝えします。

どのステップでも独学は必須。

未経験でも挑戦できる!といえども、「全くの未学習」ではまず採用はされません。

未経験でも「どんなことを自ら勉強しているのか」を必ず面接時に聞かれます。厳しいかもしれませんが逆に言えばそういった熱意をディレクター職では比較的評価してくれるということでもありますので、自信を持って答えられるようにしたいものです。

どんなことから勉強すべき?

まずは業界知識からがベストだと思います。そしてやっぱりwebディレクターに挑戦したい!となった方は最低限以下をやっておきましょう。

■HTML・CSSの学習

Webサイトを作る言語であるHTML・CSSについて基本を学びましょう。

Progate | 超初心者に最適。一番最初に私もやりました。

https://prog-8.com/

CODEPREP | 初心者に最適。実際にコードをキーボードで打ちます。

https://codeprep.jp/

Progateをやった後にこちらをやる、というのがいいかもしれません。

Youtube動画での勉強もおすすめ!

Webの神様 | YouTubeチャンネル

こちらがめちゃくちゃわかりやすいです。これが無料動画なんだ!と感動しました。

まさに神様です。現在もお世話になっています。

動画でスラスラと進んでいってはしまうので、Progateや参考書などで基礎の基礎知識はインプットした後の方が効果的かもしれません。

勉強方法については基礎学習ができれば媒体は何でもOKです。

自分が合うなと思うものを選択しましょう。

■求人票のチェック、条件の確認

勉強とは少し離れますが、実際に出ている求人を見てどんなことが求められているのかを確認するのもおすすめです。

Photoshopやillustratorを使う企業もあるので、使用経験を求められるかもしれません。

そうなればその対策も必要となってきます。

まず求められるところを知ってから勉強に取り組むようにしましょう。

まとめ:Webディレクターには未経験からでもなれる。

●ステップは自分の現在の状況に応じて考えるのがベスト。

●独学は必至。でも今はツールが豊富なのであとは努力次第!

●同時に求人についてもリサーチしよう!

どのくらいの期間がかかるか等はもちろん出ている求人や本人の勉強ペースによりけりですが、とにかく少しでも行動することが大切です。